qwx433vbのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:3090
Today:7
Yesterday:8
福井?兵庫?滋賀で3人行方不明写真ニュース
女の長期休暇はほぼ無いも同然だったが、彼女は司書と言う仕事に一応のやり甲斐は感じていたし休み中に何としてもやっておきたい事もあったので不満は感じていなかった。

 エヴァは今ある論文を探している。

 それは彼女がライドウに読んでもらいたいと思っている物だった。エヴァは元貴族と言う身でありながら、司書としても非常に優秀だった。ライドウをマークしてから、彼女は彼が読んだ本を記憶しその読書の傾向から彼が知りたがっている事、知りたいだろう事を予測した。相当広範なジャンルに渡るライドウの読書だったが、エヴァは幾つかの傾向を見出していた。まこと、優秀な司書である。バッグ ブランド 人気

「ええっと、この教授の研究じゃなくて、こんな先の物でも無くて……」

 研究や論文は、重要性が認められたものは場所を移されたりするが一般的には図書館の決まった場所に収蔵されている。もちろん、過去学園で綴られた論文の殆どと外部の研究機関で発表された内容も収蔵されているのでその数は膨大だ。現に専門家であるエヴァでさえ、その論文がどこにしまわれているか、埃まみれになって探しているような状況だ。著名な論文では無いのは間違いなかった。

「ライドウさんには命を助けてもらったものね。お金はいらないからお勧めの本を紹介して欲しいなんて気を遣われたんじゃ、やらない訳にはいかないわ。ライドウ先生が飛びつくような内容を用意してみせる!」

 エヴァがライムに提案した莫大な報酬。それはアーンスランドの財産。それもかの奪われた領地にあるものだった。ライドウはその話を聞いて微妙な顔をしたかと思うと、エヴァに金銭的な要求ではなく知識の提供を望んだ。彼からすれば、今も存在するか怪しい金銭よりも余程現実的な報酬を提示した心算である。

「あの人は何でも読んでいるようだけど、特に興味を持っているのは魔法分野。それも魔力の活用や召喚について。後はケリュネオンにも興味を持っていた。後は地理も知りたいみたい。でもまずはあの論文よ」

 エヴァが探しているのはとある教授が一生をかけて研究し、そして結論として挫折したという特に注目する内容でも無いありふれた論文。しかし、エヴァにはそれが、ライドウが求める物の一つではないかと言う強い推論があった。他にも彼が望みそうな書物はリストアップしてある。それらは探すのも難しい物ではない。何より難解なのは今探している名も無い教授の遺した凡庸な論文。レディース バッグ ブランド

「借りを返して、今後も彼とは好意的な関係を保たなきゃ。もう、私には彼とクズノハ商会しか頼る所が無い」

 クズノハ商会の従業員の実力、そしてライドウと識。他にも居ると言う腕利き達。

 エヴァの目にはクズノハ商会は非常に魅力的に映っている。並外れた力を持つフリーの商会。約束通り学内に巣食う組織の勢力を潰して見せた。それが温厚な講師ブライトであった事は少なからず彼女に驚きを感じさせた。それにルリアの身には一切の危害が及んでいない。十分、その力を認める成果だった。

 今はまだ商会の規模も小さく、大きな事は出来ないかもしれない。だが将来的には?

 領地の復興を願う無謀な司書はその願いを未だ捨ててはいない。

 だからこそ、ライドウと親しく在りたい。力を持ち、性格も悪くない。商会運営も順調で人材にも恵まれている。顔、は確かに整ってはいないが、人の顔など見慣れてしまえば特に問題にならないとエヴァは考えている。初めて見る時の印象が多少悪かったとしても、それがどうしたと言うのか。見た目で中身を判断しようとするのは愚行である。かの女神の力が及ばぬなら容姿に如何ほどの
カレンダー
<< 09 月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最近の記事
フォトアーカイブ